音符が読める

習いはじめの生徒さん、小さい生徒さんには1人で音符が読めるように指導していきます。

音符はたくさんありますが、1つの音がわかれば、そこから上下して読むことが出来ます。

五線譜は、線、間、線、間、と進んで行くのですが、それが習いたてや小さい生徒さんには少しも難しいことも。

目で追うだけでは難しいので、指で追って読むようにしています。

私も子供の頃、よく楽譜とにらめっこして、指で数えて読んでいたな~と思いだします。

今週も皆さん、譜読みを頑張りました👏