先を見る

時々、つっかえつっかえ弾いている生徒さんがいます。

そんな時は楽譜を見ながらゆっくり弾きましょう、と言います。

よく見てみると、今、弾いているところを見ながら弾いています。

楽譜、指は今、弾いている所を見るのではなく

その一歩先を見ましょう。

歩く時でもそうですね。

足元ばかりを見て歩いていると、何かにぶつかったりして危険ですね。

楽譜も同じ。

先を見て準備をする。

目で見て、頭で理解して、指(体)に指令を出す。

そして耳で確認をする。

この一連の流れが出来る位、ゆっくり弾きましょう、と私は指導しています。